2015F1中国GP予選:ハミルトンが3戦連続PP!マクラーレンホンダは続く実質最下位 

2015F1中国GPの予選が終了しました。

予選Q1:
トップタイムは、1:37.502でフェラーリのベッテル。

マクラーレン・ホンダのアロンソは18番手、バトンは17番手で脱落。

脱落:フォースインディアのヒュルケンベルグ、マクラーレンのバトン、アロンソ、マノーのスティーブンス、メルヒ。


予選Q2:
トップタイムは、1:36.423でメルセデスのハミルトン。

脱落:ロータスのマルドナード、レッドブルのクビアト、トロロッソのフェルスタッペン、サインツ、フォースインディアのペレス。


予選Q3:
ポールポジションは、1:35.782でメルセデスのハミルトン。
2番手は、メルセデスのロズベルグ。3番手は、フェラーリのベッテル。

4番手以下:ウィリアムズのマッサ、ボッタス、フェラーリのライコネン、レッドブルのリカルド、ロータスのグロージャン、ザウバーのナスル、エリクソン。
続きを読む

F1 2013 ハンガリーGP決勝:ハミルトンがポールトゥウィン! 

2013年F1ハンガリーGPの決勝レースが終了しました。
続きを読む

F1 2013 イギリスGP予選:圧倒的速さでハミルトンがPP! 

2013年F1イギリスGPの予選が終了しました。

予選Q1:
トップタイムは、1:30.995でメルセデスAMGのハミルトン。

ウィリアムズのボッタスやザウバーのグティエレスがQ1で脱落。

脱落:ウィリアムズのボッタス、ザウバーのグティエレス、ケーターハムのピック、マルシャのビアンキ、ケーターハムのヴァンデルガルデ、マルシャのチルトンの6台。


予選Q2:
トップタイムは、1:30.990でレッドブルのベッテル。

マクラーレンのバトンやフェラーリのマッサがQ2で脱落。

脱落:マクラーレンのバトン、フェラーリのマッサ、トロロッソのベルニュ、マクラーレンのペレス、ザウバーのヒュルケンベルグ、ウィリアムズのマルドナードの6台。


予選Q3:
ポールポジションは、1:29.607でメルセデスAMGのハミルトン。
2番手は、メルセデスAMGのロズベルグ。3番手は、レッドブルのベッテル。

4番手以下:レッドブルのウェーバー、フォースインディアのディレスタ、トロロッソのリカルド、フォースインディアのスーティル、ロータスのグロージャン、ライコネン、フェラーリのアロンソ。
続きを読む

メルセデスAMG、ハミルトン(現マクラーレン)の加入を正式発表! 

メルセデスAMGは、ルイス・ハミルトン(現マクラーレン)と2013年から3年間の契約を結んだことを正式発表しました。

2013年シーズンのメルセデスAMGは、ニコ・ロズベルグと、ルイス・ハミルトンのコンビになります。
そして、メルセデスAMGは、現ドライバーのミハエル・シューマッハとの契約を更新しないことも同時に発表しました。

なお、すでにマクラーレンは、現ザウバーのセルジオ・ペレスとの複数年契約を結んだことを正式発表しています。
続きを読む

F1 2012オーストラリアGP予選:ハミルトンがPP!ベッテルが6番手 可夢偉は13番手 

2012年F1オーストラリアGPの予選が終了しました。

予選Q1:可夢偉がトップ!ライコネンが脱落
トップタイムは、1:26.182でザウバーの小林可夢偉。
2番手は、トロロッソのベルニュ。3番手は、ロータスのグロージャン。

脱落:ロータスのライコネン、ケータハムのコバライネン、ペトロフ、マルシアのグロック、ピック。
107%落ち:HRTのデラロサ、カーティケヤン。


予選Q2:可夢偉は13番手
フェラーリのアロンソがまさかのミスで、赤旗中断。
トップタイムは、1:25.469でメルセデスAMGのロズベルグ。
2番手は、メルセデスAMGのシューマッハ。3番手は、マクラーレンのハミルトン。


脱落:トロロッソのベルニュ、フェラーリのアロンソ、ザウバーの小林可夢偉、ウィリアムズのセナ、フォースインディアのディレスタ、フェラーリのマッサ
タイムなし:ザウバーのペレス。


予選Q3:
ポールポジションは、1:24.922でマクラーレンのハミルトン。
2番手は、マクラーレンのバトン。3番手は、ロータスのグロージャン。

4番手以下:メルセデスAMGのシューマッハ、レッドブルのウェーバー、ベッテル、メルセデスAMGのロズベルグ、ウィリアムズのマルドナド、フォースインディアのヒュルケンベルグ。
走行せず:トロロッソのリカルド。
続きを読む

F1ベルギーGP公式予選:ベッテルがスパ・ウェザーでもPP!可夢偉は12番手 

2011年F1ベルギーGPの公式予選が終了しました。

予選Q1:シューマッハがクラッシュ!
トップタイムは、2:01.813でマクラーレンのバトン。
フォースインディアのディレスタ、クラッシュしたメルセデスのシューマッハがQ1で脱落。

ザウバーの小林可夢偉は17番手、ペレスは15番手でともにQ2進出。

脱落:フォースインディアのディレスタ、ロータスのトゥルーリ、ヴァージンのグロック、ダンブロジオ、HRTのリウッツィ、リカルド、メルセデスのシューマッハ。


予選Q2:バトンが脱落!
フォースインディアのスーティルがクラッシュで赤旗中断。
トップタイムは、2:02.768でフェラーリのアロンソ。

ザウバーの小林可夢偉は12番手でQ2脱落、ペレスは10番手でQ3進出。

脱落:トロロッソのブエミ、ザウバーの小林可夢偉、マクラーレンのバトン、ウィリアムズのバリチェロ、フォースインディアのスーティル、ウィリアムズのマルドナド、ロータスのコバライネン。


予選Q3:
ソフトタイヤが登場したQ3。
ポールポジションは、1:48.298でレッドブルのベッテル。
2番手は、マクラーレンのハミルトン。3番手は、レッドブルのウェーバー。

4番手以下:フェラーリのマッサ、メルセデスのロズベルグ、トロロッソのアルグエルスアリ、ルノーのセナ、フェラーリのアロンソ、ザウバーのペレス、ルノーのペトロフ。
続きを読む

マクラーレン、バトンの加入を正式発表!! 

マクラーレンは、2009年F1チャンピオンのジェンソン・バトンと複数年契約を結んだことを発表しました。
続きを読む

イタリアGP公式予選:ハミルトンPP!メルセデス1-2-4-5-6-7!! 

2009年F1第13戦イタリアGPの公式予選が終了しました。
続きを読む

ヨーロッパGP公式予選:マクラーレン圧巻のフロントロー独占!! 

2009年F1第11戦ヨーロッパGPの公式予選が終了しました。
続きを読む

ハンガリーGP決勝:KERS搭載のハミルトンが今季初優勝!! 

2009年F1第10戦ハンガリーGPの決勝レースが終了しました。
続きを読む

ハンガリーGP土曜フリー走行:ハミルトン圧巻のトップタイム!中嶋一貴8番手 

2009年F1第10戦ハンガリーGPの土曜フリー走行が終了しました。
続きを読む

FIA、マクラーレンのハミルトンを再聴取へ 

FIAは、フィニッシュ直前セーフティカー先導中に、トヨタのヤルノ・トゥルーリとマクラーレンのルイス・ハミルトンによる追い越し問題に関して、再調査を行うことが明らかにされています。
続きを読む

F1世界選手権2008:ドライバーズランキング 

2008年F1のドライバーズタイトルは、マクラーレンのルイス・ハミルトンが史上最年少で獲得しました。残り数十秒までタイトルが見えていたフェラーリのフェリペ・マッサが2位。チームの方針でタイトル争いから脱落したものの、BMWのクビカが光ったシーズンでした。力の劣るマシンで活躍を見せたのが、元王者の貫禄を見せつけたアロンソと将来が有望なベッテルでした。

日本勢は、トヨタのグロックが大健闘。中嶋一貴も厳しいチーム状況で9ポイントを獲得。日本人初のモナコGP入賞も果たしました。対照的にホンダ勢は、バリチェロが表彰台を獲得するも、エースのバトンがわずか3ポイントと悲惨な結果に終わりました。日本人エースの佐藤琢磨は、スーパーアグリの撤退もあり、0ポイントと厳しい1年となってしまいました。


F1世界選手権2008:ドライバーズランキング
1. L・ハミルトン McLaren 98
2. F・マッサ Ferrari 97
3. K・ライコネン Ferrari 75
4. R・クビカ BMW 75
5. F・アロンソ Renault 61
6. N・ハイドフェルド BMW 60
7. H・コバライネンMcLaren 53
8. S・ベッテル Toro Rosso 35
9. J・トゥルーリ Toyota 31
10. T・グロック Toyota 25


11. M・ウェーバー Red Bull 21
12. N・ピケ・ジュニア Renault 19
13. N・ロズベルグ Williams 17
14. R・バリチェロ Honda 11
15. 中嶋一貴 Williams 9

16. D・クルサード Red Bull 8
17. S・ボーデ Toro Rosso 4
18. J・バトン Honda 3
19. G・フィジケラ Force India 0
20. A・スーティルForce India 0
21. 佐藤琢磨Super Aguri 0
22. A・デビッドソン Super Aguri 0



中国GP公式予選:驚速ハミルトンがPP!! 

2008年F1第17戦中国GPの公式予選が終了しました。
タイトル決定を狙うマクラーレンのハミルトンが、パーフェクトラップで7度目のポールポジションを獲得しました。2番手はフェラーリのライコネン。これ以上離されたくないフェラーリのマッサが3番手。王者争いを面白くしてくれそうなルノーのアロンソは4番手からスタートします。

トヨタは、トゥルーリが9番手、グロックが13番手。
ルノーに大差をつけられたこともあり、敵はBMW&トロロッソ!

ウィリアムズトヨタは、ロズベルグが15番手、中嶋一貴が17番手。
富士に続き不得意なコースで、想像通りの厳しい結果でした。

ホンダは、バトンが18番手、バリチェロが14番手。
放出のバリチェロはともかく、来期も一応エースのバトンの不振が気がかりです。

ハミルトンの初タイトルが決まるかもしれない中国GP決勝レースは、日本時間で日曜日の午後4時スタートです。テレビ放送は、フジテレビ721とフジテレビCSHDが、いつも通りの完全生中継。地上波は、当日放送が行なわれず月曜日に変わってからの放送開始となります。

2008F1土曜日曜完全HD生中継!! スカパー!e2


続きを読む

ベルギーGP決勝:ハミルトン制覇!ライコネン壮絶リタイヤ!! 

2008年F1第13戦ベルギーGPの決勝レースが終了しました。
退屈なレースでライコネンが優勝かと思われた終盤にドラマは起こりました。残り数周というところで雨が本降りになり、ハミルトンがライコネンにプレッシャーをかけると、ライコネンはチャンピオンとは思えぬ走りでコースオフを連発し、最後はコントロールを失いリタイヤに終わりました。
ドライタイヤで走りきったマクラーレンのハミルトンが優勝。2位はドライタイヤで安定した走りを見せていたフェラーリのマッサ。3位はウェットタイヤに交換したのが功を奏したBMWのハイドフェルドでした。また、佐藤琢磨の移籍先となりそうなトロ・ロッソが速さを見せてダブル入賞しています。
※レース後にレーススチュワードにより、ハミルトンにペナルティに決定され、優勝マッサ、2位ハイドフェルド、3位ハミルトンになることが発表されました。

トヨタは、トゥルーリが16位、グロックが8位9位。
今週は絶望かと思われましたが、最後の最後でグロックが1ポイントを獲得してくれました。ペナルティにより9位となりポイント獲得はなりませんでした。

ウィリアムズトヨタは、ロズベルグが12位、中嶋一貴が14位。
雨をうまく利用することが出来ずに終わりました。

ホンダは、バトンが15位、バリチェロはリタイヤ。
あまりにも遅すぎるので、何も出来ないでしょうね。
続きを読む

ドイツGP決勝:圧倒的な速さを見せつけハミルトン快勝!! 

2008年F1第10戦ドイツGPの決勝レースが終了しました。
セーフティカー中の判断ミスで後退するも、圧倒的な速さを見せつけたマクラーレンのハミルトンが勝利しました。また、最高の判断とドライバーのがんばりでルノーのピケが2位。3位はフェラーリのマッサでした。ライコネンは相性の悪いコースでもあり6位に沈みました。

トヨタは、トゥルーリが9位、グロックがリタイヤ。
大クラッシュのグロックが無事でなによりですが、ヤルノにも悪い方で影響してしまい残念なGPとなりました。

ウィリアムズトヨタは、ロズベルグが10位、中嶋一貴が15位。
一貴はスピンを喫するなどいいところなし。コンストラクターズでもルノーに1ポイントまで縮められました。

ホンダは、バトンが17位、バリチェロがリタイヤ。
雨が降らなければいつもの結果。フェースインディアにさえ後れをとるとは。
続きを読む

フランスGPフリー走行3:ハミルトントップ、アロンソは・・・ 

フランスGP、土曜フリー走行のトップタイムは、マクラーレンのルイス・ハミルトン。 2位はフェラーリのフェリペ・マッサ、3位はキミ・ライコネンでした。
王者フェルナンド・アロンソは、トラブル(?)でほとんど走行出来ず、予選に不安を残しました。
続きを読む

アメリカGP決勝:ハミルトン連勝、ヤルノ6位! 

アメリカGP決勝レースは、17台完走と久しぶりに荒れないレースとなりました。
優勝は、マクラーレンのルイス・ハミルトン、カナダでの初優勝に続き連勝です。2位はフェルナンド・アロンソ、またルーキーに敗れています。3位はライコネンとのバトルを制した、フェラーリのフェリペ・マッサでした。
また、BMWのセバスチャン・ベッテルが、最年少でのポイント獲得となる8位。ただ、次戦はクビカの復帰が予定されています。
続きを読む

ハミルトン増給&アロンソ強気 

カナダGPで初優勝し、デビューから6戦連続表彰台を獲得しているスーパールーキー、マクラーレンのルイス・ハミルトン。知名度、評価とともに、給料も増加しています。

また、佐藤琢磨にオーバーテイクされるなど失意の王者アロンソは、「ハミルトンだって、うまく今年のセーフティカー・ルールにはまらずに済んだから恵まれたけれど、そうでなければ8位でゴールしたっておかしくなかったよ。
続きを読む

ビルヌーブ、ハミルトンに苦言 

カナダの英雄ジャック・ビルヌーブが、新人ルイス・ハミルトンのドライビングについてコメントしています。

「ハミルトンのスタートは余りにも攻撃的であって、許容範囲を超えてしまっているね。 彼はまだペナルティを受けていないけれど、あの大きく進路を変更するやり方はまるで元の世界チャンピオン(ミハエル・シューマッハ)のようだよ。彼が速いことは間違いない。
続きを読む