F1 2014マレーシアGP決勝:ハミルトンが快勝!可夢偉は大健闘13位完走!! 

2014年F1マレーシアGPの決勝レースが終了しました。

優勝:ハミルトン(メルセデスAMG)
2位:ロズベルグ(メルセデスAMG)
3位:ベッテル(レッドブル)
4位:アロンソ(フェラーリ)
5位:ヒュルケンベルグ(フォースインディア)
6位:バトン(マクラーレン)
7位:マッサ(ウィリアムズ)
8位:ボッタス(ウィリアムズ)
9位:マグヌッセン(マクラーレン)
10位:クビアト(トロロッソ)
完走:15台

ケータハムの小林可夢偉は1周遅れの13位、エリクソンは2周遅れの14位。
続きを読む

F1 2014マレーシアGP予選:ハミルトンがPP!可夢偉は20番手 

2014年F1マレーシアGPの予選が終了しました。

予選Q1:
大雨のため、50分遅れで開始のQ1。
トップタイムは、1:57.183でメルセデスAMGのロズベルグ。
2番手は、メルセデスAMGのハミルトン。3番手は、レッドブルのベッテル。
セッション終盤、ケータハムのエリクソンがクラッシュで、赤旗終了。

ケータハムの小林可夢偉は20番手、エリクソンは22番手。

脱落:ロータスのマルドナード、ザウバーのスーティル、マルシャのビアンキ、ケータハムの小林可夢偉、マルシャのチルトン、ケータハムのエリクソンの6台。


予選Q2:
アロンソとクビアトの接触により、赤旗中断があったQ2。
トップタイムは、1:59.041でメルセデスAMGのハミルトン。
2番手は、レッドブルのベッテル。3番手は、メルセデスAMGのロズベルグ。

脱落:トロロッソのクビアト、ザウバーのグティエレス、ウィリアムズのマッサ、フォースインディアのペレス、ウィリアムズのボッタス、ロータスのグロージャンの6台。


予選Q3:
ポールポジションは、1:59.431でメルセデスAMGのハミルトン。
2番手は、レッドブルのベッテル。3番手は、メルセデスAMGのロズベルグ。

4番手以下:フェラーリのアロンソ、レッドブルのリカルド、フェラーリのライコネン、フォースインディアのヒュルケンベルグ、マクラーレンのマグヌッセン、トロロッソのベルニュ、マクラーレンのバトン。
続きを読む

F1 2014 マレーシアGPフリー走行:ロズベルグがトップタイム!可夢偉は連日のマシントラブル・・・ 

フリー走行1
トップタイムは、1:40.691でメルセデスAMGのハミルトン。
2番手は、フェラーリのライコネン。3番手は、メルセデスAMGのロズベルグ。

ケータハムの小林可夢偉は19番手、エリクソンは18番手。
可夢偉のマシンには、バッテリー問題が発生。

フリー走行2
トップタイムは、1:39.909でメルセデスAMGのロズベルグ。
2番手は、フェラーリのライコネン。3番手は、レッドブルのベッテル。

ケータハムの小林可夢偉は、マシン修復で走行できず、エリクソンは20番手。

フリー走行3
トップタイムは、1:39.008でメルセデスAMGのロズベルグ。
2番手は、メルセデスAMGのハミルトン。3番手は、フェラーリのライコネン。

ケータハムの小林可夢偉は20番手、エリクソンは19番手。
可夢偉のマシンには、またも問題発生。
続きを読む

レッドブル:リカルド、オーストラリアGP失格処分!母国GP2位が幻に・・・ 

審議対象となっていた、レッドブルのダニエル・リカルドに、失格処分が下されました。
続きを読む

小林可夢偉:事故原因は、可夢偉のミスではなくマシントラブル! 

2014年F1開幕戦でのスタート直後のクラッシュが、小林可夢偉自身のミスではなく、ブレーキトラブルである事が明らかにされています。
続きを読む

F1 2014オーストラリアGP決勝:ロズベルグが圧勝!可夢偉は最悪のスタート・・・ 

2014年F1GPのオーストラリア決勝レースが終了しました。

優勝:ロズベルグ(メルセデスAMG)
2位:マグヌッセン(マクラーレン)
3位:バトン(マクラーレン)
4位:アロンソ(フェラーリ)
5位:ボッタス(ウィリアムズ)
6位:ヒュルケンベルグ(フォースインディア)
7位:ライコネン(フェラーリ)
8位:ベルニュ(トロロッソ)
9位:クビアト(トロロッソ)
10位:ペレス(フォースインディア)
完走:13台

ケータハムの小林可夢偉、エリクソンは、ともにマシントラブルでリタイア。

※レース後審議で、燃料流入についての規定違反で、リカルドに失格処分。
※レース後審議で、マシンが事故の原因で、可夢偉に非が無い事が確認され、ノーペナルティ。
続きを読む

F1 2014GP予選:本命はミルトンがPP!可夢偉は大健闘の15番手!! 

2014年F1オーストラリアGPの予選が終了しました。

予選Q1:
トップタイムは、1:30.775でトロロッソのリカルド。
深刻なロータス勢が脱落。

ケータハムの小林可夢偉は16番手でQ2進出、エリクソンは20番手で脱落。

脱落:マルシャのチルトン、ビアンキ、ザウバーのグティエレス、ケータハムのエリクソン、ロータスのグロージャン。
タイムなし:ロータスのマルドナード。


予選Q2:
トップタイムは、1:42.264でメルセデスAMGのロズベルグ。
前年王者ベッテルが、13番手で脱落。

ケータハムの小林可夢偉は、15番手で脱落。

脱落:マクラーレンのバトン、フェラーリのライコネン、レッドブルのベッテル、ザウバーのスーティル、ケータハムの小林可夢偉、フォースインディアのペレス。


予選Q3:
ポールポジションは、1:44.231でメルセデスAMGのハミルトン。
2番手は、レッドブルのリカルド。3番手は、メルセデスAMGのロズベルグ。

4番手以下:マクラーレンのマグヌッセン、フェラーリのアロンソ、トロロッソのベルニュ、フォースインディアのヒュルケンベルグ、トロロッソのクビアト、ウィリアムズのマッサ、ボッタス。
続きを読む

F1 2014 オーストラリアGPフリー走行:新時代のF1開幕!可夢偉は16番手 

フリー走行1
トップタイムは、1:31.840でフェラーリのアロンソ。
2番手は、マクラーレンのバトン。3番手は、ウィリアムズのボッタス。

ケータハムの小林可夢偉は、インスタレーションラップ後のトラブル発覚で、走行できず。

フリー走行2
トップタイムは、1:29.625でメルセデスAMGのハミルトン。
2番手は、メルセデスAMGのロズベルグ。3番手は、フェラーリのアロンソ。

ケータハムの小林可夢偉は、走行できず。

フリー走行3
トップタイムは、1:29.375でメルセデスAMGのロズベルグ。
2番手は、マクラーレンのバトン。3番手は、フェラーリのアロンソ。

ケータハムの小林可夢偉は、ソフトタイヤでのアタックも行え、16番手。
続きを読む

フジテレビ、2014年F1開幕戦オーストラリアGPのNEXT解説陣を公開! 

フジテレビは、2014年F1開幕戦オーストラリアGPのフジテレビNEXT解説陣を公開しています。
続きを読む