トヨタ、私たちはF1での活動を継続していきます!! 

トヨタは、BMWのF1撤退に続いてのF1撤退を否定しました。

トヨタのスポークスウーマンはドイツの『SID通信』に対して「コスト削減をもとに、私たちはF1での活動を継続していきます」とコメント。
「これは日本から私たちに伝えられたことです」(F1 Live.comより)


トヨタに加え、メルセデスもF1参戦継続を明言しています。ただ、F1撤退が近いとされるルノーは、沈黙しています。


日本人F1ファンとして、ホンダがF1を捨てた今、日本代表トヨタの継続参戦を願います。チームは2010年のマシンを開発していて、タイトルスポンサーのパナソニックとの大型契約も延長しているだけに、撤退する理由もないでしょう。

ちなみに、新コンコルド協定に調印するチームには、2012年までF1参戦の法的義務が発生します。
調印が間近であるとされるだけに、撤退を発表するなら今です。調印が終了するまでは、不安な日々が続きます。