鈴鹿サーキット、2010年F1日本GPの開催決定を発表!! 

鈴鹿サーキットが、富士スピードウェイの撤退によって空いていた2010年のF1日本GPの開催地になることが正式に発表されました。

この度FOAと2010年F1日本GP開催について合意し、契約を締結しました。私どもは過去20年にわたり、鈴鹿サーキットでF1日本GPを開催し、国内でのF1普及に努めて参りました。F1日本GPの歴史が途切れることを回避するのが当面の私共の役割と認識 し、開催を決定しました。鈴鹿における新しいF1の歴史を築けるよう、地域の皆様と力をあわせ、まずはこの10月の大会に全力を注ぎ、ファンの皆様の期待にお応えして参りたいと思います。(プレスリリースより)


F1日本GPの1年だけでも中断という、最悪の事態は避けることができました。
あとは2010年F1日本GPに、唯一の日本チームと日本人ドライバーが参戦していて欲しいものですが、あまり良いニュースがないのが現実です。

唯一の日本チーム:パナソニックトヨタレーシング
2012年までのF1参戦を新コンコルド協定により約束するも、トヨタ自動車本社は活動継続の決定を2009年後半まで延期することを発表。

日本モータースポーツ最後の砦として、撤退はして欲しくないですが、本田技研工業、BMWのような残念な前例があるので、日本人F1ファンとして最悪の事態も考えておく必要はあります。


唯一の日本人ドライバー:中嶋一貴
ウィリアムズが、今期限りでトヨタとの提携関係を終了し、メルセデスやルノーなどのエンジン供給元を探しているとの報道。

トヨタとの提携が終了した時点で、全く結果は残していないものの、トヨタとの提携関係により、シートを何とか確保している中嶋一貴の契約も・・・。