Sky7F1.com

ARTICLE PAGE

ベルギーGP決勝:ライコネン今季初優勝!フィジケラが2位!!

2009年F1第12戦ベルギーGPの決勝レースが終了しました。
オープニングラップで、ブラウンGPのバトン、マクラーレンのハミルトンなど、4台が多重クラッシュでリタイヤ。セーフティカーが出動する荒れた展開。

優勝は、ファイナルラップまで追い詰められるもミスをせず、レースを制したフェラーリのライコネン。フェラーリとライコネンは、今シーズン初優勝。

2位は、ライコネンを最後まで追い詰めた、フォースインディアのフィジケラ。
3位は、本来の速さを示した、レッドブルのベッテル。

BMWのクビカが4位、ハイドフェルドが5位と躍進。
6位は、マクラーレンのコバライネン。7位は、ブラウンGPのバリチェロ。8位は、ウィリアムズトヨタのロズベルグ。完走14台でした。

日本勢は、トヨタのトゥルーリがスタートで大きく順位を落とし、序盤でリタイヤ。グロックは、ピット作業のミスで10位。ウィリアムズトヨタの中嶋一貴は、速さを見せることが出来ず13位。


完全ドライで行われた決勝は、日本チームのトヨタがボロボロだったのが非常に残念ですが、オーバーテイクが多く見られ、色々なトラブルやミスが起こり、玄人ではなくても楽しめるレースでした。

ライコネンとフィジケラによる1秒以内優勝争いは、スパが特殊なサーキットなだけに、もう2度と同じシーンを見ることは出来ないでしょうが、素晴らしいドライバーの走りを見せてもらいました。


超高速サーキットのモンツァで行われる2009年F1第13戦イタリアGPは、9月13日に決勝レースを迎えます。