ルノー、ブリアトーレとシモンズの離脱を発表!! 

ルノーは、マネージングディレクターのフラビオ・ブリアトーレとエンジニアリングディレクターのパット・シモンズが、チームを去ったことを発表しました。

ルノーの声明より
「INGルノーF1チームはFIAによる2008年シンガポールGPにまつわる最近の申し立てに対して争うつもりはありません。
マンージングディレクターのフラビオ・ブリアトーレとエグゼクティブエンジニアリングディレクターのパット・シモンズがチームを去ったことも申し上げておきます。
2009年9月21日にパリで行われるFIAワールドモータースポーツカウンシルの聴聞会の前はこれ以上のチームとしてコメントすることはありません。」(プレスリリースより)


21日に行われる世界モータースポーツ評議会の審議を前に、ルノーが恩赦を求め動きました。審議前で断言するわけにはいきませんが、クラッシュゲート事件が事実であることを認めたと言うことでしょう。

チームの象徴的な二人より、会社のイメージやスタッフの雇用を考えた結果をFIAが、どう判断するかが注目されます。

審議の結果によっては、ルノーの撤退はあるかもしれませんが、2位だったウィリアムズ・トヨタのロズベルグが、繰り上げ優勝となる可能性は低いと見られています。