Sky7F1.com

ARTICLE PAGE

ルノー、F1活動継続を宣言!ベルがチーム代表に就任

不正事件で有罪判決を下されていたルノーが、今後もF1活動を続けることを発表しました。

ルノーF1チーム社長のベルナール・レイは、チームの再編について次のように述べている。「現在テクニカルディレクターを務めているボブ・ベルが、チーム代表とチーフテクニカルオフィサーを引き継ぐことになった。また、現在マーケティング兼コミュニケーションディレクターを務めているジャン・フランシス・コーベがマネージングディレクターに就任する」(GPUpdateより)


責任をブリアトーレとシモンズに押しつけたルノーは、「今後もこのスポーツに大きく貢献をしていきたい」と、2010年以降もF1に継続参戦することを発表しました。

1年前は、撤退が噂されていたのが、ルノーとトヨタでした。しかし、実際に撤退を発表したのはホンダとBMWで、ルノーは企業イメージを大きく落としながらも継続参戦、トヨタは予算削減で継続参戦と、「F1の噂はしょせん噂でしかない」と言うことだけは間違いないようです。