シンガポールGP金曜フリー走行1:ブラウンGPが1-2スタート! 

2009年F1第14戦シンガポールGPの金曜フリー走行1が終了しました。

日の光に照らされる唯一のセッションとなる金曜フリー走行1のトップタイムは、シンガポール限定ながらキャノンのロゴが誇らしいブラウンGPのバリチェロ。2番手にバトン。
3番手は、数日前まで日本でイベントに参加していたレッドブルのウェーバー。

タイトルスポンサーのINGを失ったルノーは、INGロゴを外しルノーのロゴで対応。スタッフの服などは間に合わず、INGロゴを掲載。アロンソが4番手タイムも、グロージャンはクラッシュで赤旗の原因に。

1週間後の母国GPへ結果を残したい日本勢は、ウィリアムズトヨタの中嶋一貴が10番手。
日本GPスペシャルの事前テストとなるトヨタは、グロックが15番手、トゥルーリが16番手。


悪い方で最も注目されるルノーが、去年と似たようなクラッシュを起こし、新チーム代表のベルも苦笑いで、しかもアロンソは4番手スタートと、笑えないスタートとなりました。


シンガポールGP金曜フリー走行2は、このあと午後10時25分から フジテレビNEXTで生中継開始です。