Sky7F1.com

ARTICLE PAGE

シンガポールGP公式予選:バリチェロのクラッシュでハミルトンがPP!!

2009年F1第14戦シンガポールGPの公式予選が終了しました。

予選Q1:フォースインディア脱落
ハミルトンが、1:46.977でトップタイム。
高速サーキットでは速さを見せていたフォースインディアは、想定内のQ1脱落。

ここで脱落したのは順に、フォースインディアのスーティル、トロロッソのアルグエルスアリ、フェラーリのフィジケラ、ルノーのグロージャン、フォースインディアのリウッツィの5台。


予選Q2:ウィリアムズトヨタがトップタイム
ウィリアムズトヨタのロズベルグが、1:46.197でトップタイム。中嶋一貴は、チームメートとの差が大きく、11番手。

ここで脱落したのは順に、ウィリアムズトヨタの中嶋一貴、ブラウンGPのバトン、フェラーリのライコネン、トロロッソのブエミ、トヨタのトゥルーリの5台。


予選Q3:ハミルトンがPP!!
残り30秒でブラウンGPのバリチェロがクラッシュ。赤旗でセッション終了。
その時点でトップだったマクラーレンのハミルトンが、1:47.891でポールポジションを獲得。
タイムを出せずに終わったレッドブルのベッテルが2番手、ウィリアムズトヨタのロズベルグが3番手。

4番手は、レッドブルのウェーバー。5番手は、ブラウンGPのバリチェロ。

6番手以下は順に、ルノーのアロンソ、トヨタのグロック、BMWのハイドフェルド、クビカ、マクラーレンのコバライネンとなりました。


ここからが面白いというところで、勢いに乗っていた大ベテランのミスにより、赤旗終了となってしまいました。

5日後の日本GPに向けて、ロズベルグとグロックが良い感じで進んでいますが、ドライバーズサーキットで大差をつけられた一貴・・・実力でシートを確保しているわけではない(トヨタの力)と分かっていても、やはりがっかりですね。


セーフティーカーがレースを演出することになるのか、注目のシンガポールGP決勝レースは、いつも通りの日曜午後8時50分から フジテレビNEXTで生中継開始です。