Sky7F1.com

ARTICLE PAGE

ブラジルGP決勝:バトンのタイトルが決定!可夢偉は攻め続けて9位完走!!

2009年F1第16戦ブラジルGPの決勝レースが終了しました。
ドライレースで行われたブラジルGP。
優勝は、圧倒的な速さを見せたレッドブルのウェーバー。
2位は、BMWのクビカ。
3位は、マクラーレンのハミルトン。
4位は、レッドブルのベッテル。
5位は、ブラウンGPのバトン。
序盤戦の大きなリードを守りきり、ワールドチャンピオンに決定。

6位は、フェラーリのライコネン。7位は、トロロッソのブエミ。8位は、ブラウンGPのバリチェロ。
ブラウンGPが、コンストラクターズチャンピオンを獲得、ダブルチャンピオン獲得で1年目のシーズンを終了。
完走14台でした。

日本勢は、トヨタのトゥルーリがクラッシュでリタイヤ。トゥルーリはスーティルに激しく抗議。
デビュー戦となった小林可夢偉は、一時2位を走るなど好走。さらに、KERSを搭載したフェラーリのフィジケラを豪快にオーバーテイクするなど、恐れを知らない見事な走りで最終周には自己ベストを更新。レース後に、コバライネンの危険行為に対し、レース結果に25秒加算のペナルティが下され、可夢偉は9位でデビューレースを終了。

ウィリアムズトヨタの中嶋一貴は、可夢偉にまでオーバーテイクされ、最後は可夢偉と接触してリタイヤ。


バトンがタイトルを決めましたが、日本人F1ファンとしては可夢偉が、デビュー戦で最後まで攻め続けて完走してくれたことが、うれしい限りです。また、日本人ドライバーが負け続けてきたバトンにオーバーテイクを仕掛けられるも、可夢偉は全く譲ろうとせず!! その戦う姿勢に感銘を受けました。佐藤琢磨に続く、戦える日本人F1ドライバーになってくれそうです。
激しいバトルが当然のGP2ではOKでもF1では危険とされる部分も目立ちましたが、今後はF1のローカルルールを学んで、さらなる進化を期待したいです。

一貴は、可夢偉の戦う姿勢に刺激されたのか珍しく攻めましたが、見事なミスでした。下位カテゴリーでやり直すべきでしょうね・・・。

2009年F1最終戦となるアブダビGPは、11月1日に決勝レースを迎えます。