アブダビGP公式予選:ハミルトン圧巻のPP!!トヨタは6番手! 

2009年F1最終戦アブダビGPの公式予選が終了しました。

予選Q1:ハミルトンが圧巻のトップタイム
マクラーレンのハミルトンが、1:39.873でトップタイム。
トヨタの小林可夢偉は12番手、ウィリアムズトヨタの中嶋一貴は13番手で、ともにQ2進出。

ここで脱落したのは順に、ルノーのアロンソ、フォースインディアのリウッツィ、スーティル、ルノーのグロージャン、フェラーリのフィジケラの5台。


予選Q2:ハミルトンが驚異のトップタイム
マクラーレンのハミルトンが、1:39.695でトップタイム。 トヨタの小林可夢偉は、惜しくもQ3進出ならず。ウィリアムズトヨタの中嶋一貴は、最後の予選もミスで終了。

ここで脱落したのは順に、フェラーリのライコネン、トヨタの小林可夢偉、マクラーレンのコバライネン、ウィリアムズトヨタの中嶋一貴、トロロッソのアルグエルスアリの5台。


予選Q3:ハミルトン圧巻のPP!!
マクラーレンのハミルトンが、1:40.948でポールポジションを獲得。
レッドブルのベッテルが2番手、ウェーバーが3番手。

ブラウンGPのバリチェロが4番手、バトンが5番手。

6位以下は順に、トヨタのトゥルーリ、BMWのクビカ、ハイドフェルド、ウィリアムズトヨタのロズベルグ、トロロッソのブエミとなりました。


現フォーマットでの最後の予選は、ハミルトンがすべてのセッションを制しました。そして、今季の2強が最後まで速さを披露した予選でした。

期待の可夢偉は、雨のブラジルに続き、1発でタイムが出ない特殊な予選でしたが、2回目の予選とは思えない安定した走りを見せてくれました。 一貴は、Q3進出までのあとわずかな差を埋められませんでしたが、可夢偉は乗り越えることに期待が持てそうです。


トワイライトレースとなるアブダビGP決勝レースは、日曜午後9時50分から フジテレビNEXTで生中継開始です。