2010年F1世界選手権:エントリーリスト(ストーブリーグ:3/5版) 

2010年のF1世界選手権は、2009年F1参戦6チーム(フェラーリ、マクラーレン、ウィリアムズ、レッドブル、トロロッソ、フォースインディア)と、株式を大半を売却するもチーム名は残したルノー。ブラウンGPを買収して誕生するメルセデスGP。BMWチームを買い戻し復活するザウバーの既存9チーム。
新規F1参戦チーム3チーム(ロータス、ヴァージン、HRT)の、12チーム24台で争われることになります。



2010年F1世界選手権:ドライバーラインナップ
太字は、確定済み
○は、確実・有力
△は、可能性あり


2009年F1参戦チーム


マクラーレン(メルセデス)
1 ジェンソン・バトン
2 ルイス・ハミルトン


エースのハミルトンは、2012年末までの長期契約。
2009王者のバトンが正式加入!


メルセデス(メルセデス)
3 ミハエル・シューマッハ
4 ニコ・ロズベルグ


メルセデスベンツがブラウンGPを買収し、メルセデスGPが誕生!
シューマッハ&ロズベルグの魅力的なコンビが誕生。


レッドブル(ルノー)
5 セバスチャン・ベッテル
6 マーク・ウェーバー


ベッテルは2011年末、ウェーバーは2010年末までのチーム残留が決定済。


フェラーリ(フェラーリ)
7 フェリペ・マッサ
8 フェルナンド・アロンソ


いよいよフェラーリのアロンソが実現。
マッサは完全復活なるか。


ウィリアムズ(コスワース)
9 ルーベンス・バリチェロ
10 ニコ・ヒュルケンベルグ


大ベテランのバリチェロがブラウンGPから移籍。
GP2チャンピオンのヒュルケンベルグが昇格。


ルノー(ルノー)
11 ロバート・クビサ
12 ヴィタリー・ペトロフ

チームの株式を大量に売却することで、チームがF1に残留することが決定。


フォースインディア(メルセデス)
14 エイドリアン・スーティル
15 ビタントニオ・リウッツィ


2009年後半のラインナップを維持


トロ・ロッソ(フェラーリ)
16 セバスチャン・ブエミ
17 ハイメ・アルグエルスアリ

チームがアルグエルスアリとの起用を正式発表。


BMWザウバー(フェラーリ)
22 ペドロ・デ・ラ・ロサ
23 小林可夢偉


小林可夢偉の起用を正式発表!!
チームメートは、大ベテランのデ・ラ・ロサを起用。


新規参戦チーム


ロータス(コスワース)
18 ヤルノ・トゥルーリ
19 ヘイキ・コバライネン


優勝経験のある二人のドライバーの起用を発表。


HRT(コスワース)
20 カルン・チャンドック
21 ブルーノ・セナ


新規参入チームのドライバー初決定はセナ。
チームメートは、持参金が勝負。


ヴァージン(コスワース)
24 ティモ・グロック
25 ルーカス・ディ・グラッシ


ヴァージン・レーシングとしてF1参戦を正式発表。
ドライバーは、グロックとディ・グラッシ。