Sky7F1.com

ARTICLE PAGE

メルセデスベンツ、ブラウンGPを買収!メルセデスGPが誕生!!

メルセデスベンツが、ブラウンGPを買収することを発表しました。

メルセデスは、2009年ダブルタイトル獲得チームであるブラウンGPの75.1%の株式を取得。2010年から『メルセデス・グランプリ』として参戦します。

マクラーレンへのエンジン供給は、少なくとも2015年まで延長され、マクラーレンが40%の株式を買い戻すことを発表しています。

メルセデスのコンストラクタ(フルワークス)としての参戦は1955年以来で、実に55年ぶりとなります。
ちなみに、1954年にF1初参戦したメルセデスはデビュー戦で予選1-2。決勝レース1-2。ファステストラップと、ブラウンGPのデビュー戦(FLが2位)以上の結果を残しています。


ホンダ、トヨタ、BMWに、ルノーも続くかもしれない自動車会社のF1撤退。心配されたメルセデスは、ついにコンストラクタとしての参戦を決めました。

ロス・ブラウンの頭脳(ニック・フライも残留)に、メルセデスが本気で参戦となると、来期はシーズン途中に資金不足で失速することなど考えられず、来期も注目チームとなりそうです。
また、ロズベルグ(移籍濃厚)とともにコンビを組むのは、今回の発表によりマクラーレンへの移籍が現実味を帯びてきたジェンソン・バトンか、メルセデスが交渉を認めたニック・ハイドフェルドか、こちらも注目です。