小林可夢偉、ザウバーのレースドライバーに正式決定!!! 

小林可夢偉が、ザウバーの2010年レースドライバーとなることが正式発表されました。

TDPドライバー 小林可夢偉:
「レースキャリアをスタートしたときからF1ドライバーになることを夢見てきたが、正ドライバーとしてフル参戦する夢がついに叶った。2009年にパナソニック・トヨタ・レーシングで戦った2つのレースが評価されたことで、 F1のシートを獲得でき非常に嬉しい。ペーター・ザウバー氏のチームで、ベストを尽くして戦うつもりだ。日本人の代表として、F1に参加し続けられることを誇りに思う」

BMWザウバーF1チーム チームオーナー ペーター・ザウバー:
「可夢偉と一緒に仕事をするのを非常に楽しみにしている。今シーズン最後の2戦において、自分の才能を証明する思いがけないチャンスを得た彼は、それを確実に活かして見せた。特に最終戦アブダビGPでは、彼が単に速く、アグレッシブなドライバーというだけでなく、戦略を着実に遂行する能力もあるということを示した。私は彼が非常に大きな可能性を秘めており、我がチームに多くをもたらすことができると確信している」
(トヨタ自動車のプレスリリースより)


数日前から噂されていた通り、可夢偉の起用がザウバーから正式発表されました。

可夢偉との契約とともに、パナソニックがチームのスポンサーを務めるようで、「パナソニック・トヨタレーシング」に続き、「パナソニック・ザウバーF1チーム」の誕生となるでしょうか。

ちなみに、上記のプレスリリースでは「BMWザウバーF1チーム」ですが、2009年でBMWはF1から完全撤退するため、ザウバーはプライベーターに戻り、フェラーリエンジンを搭載する予定です。

そして、新人である可夢偉のチームメートは、ベテランを起用すると見られ、フェラーリとの関係からジャンカルロ・フィジケラが候補に挙げられています。

同じ兵庫県民として再び可夢偉を応援できることを幸せに、2010年シーズンを心待ちにします。