Sky7F1.com

ARTICLE PAGE

メルセデスGP、新車「MGP W01」のカラーリングを発表!新車はまだ・・・

メルセデスGPペトロナスは、2010年のマシンカラーの発表を行いました。

マシン全体はメルセデスのコーポレートカラーである銀で塗られ、ノーズ先端や翼端板などのエッジ部分は、カーボン地を生かして黒くシェイドがかけられいる。前後ウイングのリーディングエッジ部分には、タイトルスポンサーであるペトロナスの緑色があしらわれている。(F1キンダーガーデンより)


今回は、ブラウンGPの09年型マシンBGP001にメルセデスのカラーリングを施しただけで、実際の新車MGP W01は、2月1日の合同テストで、ニコ・ロズベルグがシェイクダウンします。ミハエル・シューマッハも同日にテストをするようです。

華やかな発表会に新車を登場させなかったのが、ロス・ブラウンの「開発を優先させる」だけならいいですが、09年マシンを最後まで開発したため、10年型マシンの開発が遅れていると言うことで無ければいいですが・・・。