ブリアトーレ、コバライネンに喝! 

2年連続でオーストラリアGPを制していたルノー。王者アロンソを失った今期は、5位入賞が精一杯でした。

フラビオ・ブリアトーレ代表は、『アロンソがいないから』と本心を語りつつ、ミハエル、アロンソに続く才能としてコバライネンに夢を託しています。しかし、期待のコバライネンは、開幕戦で結果を残すことが出来ていません。
ブリアトーレは、厳しくも期待のコメントをしています。
「ヘイキのパフォーマンス。誰もかばう必要なんてない。ひどいものだった。他に何と言えというんだ。あれを良かったなんて言ったら、私はただの馬鹿だよ。しかし、改善の余地はたくさんある。テストでのヘイッキと同じ人物とは思えないね。何が起こったのか分からない。彼には力があることは分かっているが、今回のパフォーマンスはひどかった。次のレースでは、本来の彼が見られるようにしなければならないね」<