バーレーンGP金曜フリー走行2:ロズベルグトップ!可夢偉11番手 

2010年F1開幕戦バーレーンGPの金曜フリー走行2が終了しました。

金曜フリー走行2は、メルセデスエンジン搭載車が1-4番手を独占。
メルセデスのロズベルグが1:55.409でトップタイム、シューマッハは3番手。
マクラーレンは、ハミルトンが2番手、バトンが4番手。

ザウバーの小林可夢偉は、オプションタイヤでも走行し11番手。
新規参戦チームでは、ロータスのコバライネンがトップから5.4秒遅れの18番手。
HRTのセナは11.5秒遅れの22番手、最後はマシントラブルで明日以降に不安を残す結果。チャンドックは金曜フリー走行を全く走行できず。


2009年金曜フリー走行2のトップと最下位のタイム差が1.4秒たったことを考えれば、2010年はトップのロズベルグから15位のクビサまでのタイム差が2.7秒と、コース変更と燃料等裁量の幅が大きすぎて、明日以降の予想が難しいです。


予選に向け軽い燃料での走行が期待できる!?バーレーンGP土曜フリー走行は、土曜午後4時55分から フジテレビNEXTで生中継開始です。