スーパーGT開幕戦鈴鹿予選: ウイダーHSV-010がデビュー戦ポール獲得!! 

2010年スーパーGT第1戦鈴鹿の公式予選が終了しました。

ノックダウン形式で行われた公式予選。
GT500クラスでは、ARTA HSV-010やEPSON HSV-010がセッション1で脱落するなか、ウイダーHSV-010が1’53.182でHSV-010のデビュー戦で見事にポールポジションを獲得。

2番手は、ZENT CERUMO SC430。3番手は、MOTUL AUTECH GT-R。4番手は、ENEOS SC430。5番手は、MJ KRAFT SC430となりました。

GT300クラスでは、M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7が2’05.391でポールポジションを獲得。2番手は、JIMGAINER DIXCEL DUNLOP F430。3番手は、アップスタート MOLA Zとなりました。


NSXの後継としてついに登場したHSV-010が、苦しいなかポールポジションを獲得しました。決勝レースでは、デビュー戦を勝利で飾ることができるでしょうか。

F1よりオーバーテイクが見られ、人気上昇中のスーパーGTですが、スカパー!のJスポーツ(有料)でのハイビジョン生中継とともに、今季からはBSフジ(無料)でのハイビジョン録画後日中継が決まりました。