ARTICLE PAGE


マレーシアGP金曜フリー走行:ハミルトンがトップタイム!可夢偉は12・11番手

2010年F1第3戦マレーシアGPの金曜フリー走行が終了しました。

フリー走行1
酷暑の中トップタイムは、1:34.921でマクラーレンのハミルトン。
2番手は、メルセデスのロズベルグ。3番手は、マクラーレンのバトン。

4番手もメルセデスのシューマッハで、メルセデスエンジンが1-4を独占。
ザウバーは、小林可夢偉が12番手、デラロサが16番手。
新規3チームが3戦目にして、そろって大きなトラブルなしで多くの周回を走行。


フリー走行2
引き続きドライコンディションで行われたフリー走行2回目のトップタイムは、1:34.175でマクラーレンのハミルトン。
レッドブルのベッテルが2番手も、ウェーバーはマシントラブルが発生し、信頼性不足は相変わらず。3番手は、メルセデスのロズベルグ。

ザウバーは、小林可夢偉が11番手、デラロサが13番手。


初日好調のマクラーレン、ロズベルグVSシューマッハが注目されすぎのメルセデス、他と戦略が違うフェラーリ、信頼性不足を露呈しているレッドブル、完全ドライの初日は濃厚なものとなりました。

可夢偉は、多くの周回を重ね、デラロサも上回り、ここまでで一番いい初日と言えそうです。

マレーシアGP土曜フリー走行は、土曜午後1時55分から フジテレビNEXTで生中継開始です。