マレーシアGP決勝:ベッテル圧勝!!可夢偉はまたしても・・・ 

2010年F1第3戦マレーシアGPの決勝レースが終了しました。

最後まで雨が降らなかったドライレースを制したのは、スタートでトップになって独走したレッドブルのベッテル。2位はウェーバーで、レッドブルが1-2フィニッシュ。
3位表彰台は、メルセデスのロズベルグ。

4位はルノーのクビサ、5位はフォースインディアのスーティル、6位はマクラーレンのハミルトン、7位はフェラーリのマッサ、8位はマクラーレンのバトン、9位はトロロッソのアルグエルスアリ、10位はウィリアムズのヒュルケンベルグで1ポイントを獲得。

メルセデスのシューマッハはマシントラブルでリタイア。トラブルを抱えたマシンで最後まで攻め続けたフェラーリのアロンソは、マシンが白煙を吹きストップし、0ポイント。

ザウバーは小林可夢偉が、後部から白煙を吹き序盤でリタイア。デラロサはレコノサンスラップ中にマシンがストップし、レースにすら参加出来ず。


速さのレッドブルが独走し、マクラーレンVSフェラーリなど多くのバトルが見られ、ドライレースでも魅力はありましたが、やはり日本人ファンとしては可夢偉がいないレースはつらいですね。

プライベーターに戻った(BMWは完全撤退済)ザウバーが、遅いのは仕方ないとしても、信頼性も大きく欠如している上にスポンサーも獲得出来ずで、負のスパイラルから抜け出せません。
可夢偉もこの状況では、来季のF1残留に向けたアピールすら出来ません。短期間では難しいでしょうが、完走できるマシンを用意してもらいたいものです。


中国GP金曜フリー走行1は、16日金曜午前10時55分から フジテレビNEXTで生中継開始です。