Sky7F1.com

ARTICLE PAGE

中国GP公式予選:ベッテルが完璧なPP!!可夢偉は15番手

2010年F1第4戦中国GPの公式予選が終了しました。

予選Q1:リウッツィが脱落
トップタイムは、1:35.641でマクラーレンのハミルトン。
ザウバーの小林可夢偉は、15番手でQ2進出。

ここで脱落したのは順に、フォースインディアのリウッツィ、ヴァージンのグロック、ロータスのトゥルーリ、コバライネン、ヴァージンのディグラッシ、HRTのセナ、チャンドックの7台。


予選Q2:可夢偉15番手
トップタイムは、1:34.928でマクラーレンのハミルトン。
ザウバーの小林可夢偉は、15番手。

ここで脱落したのは順に、ウィリアムズのバリチェロ、トロロッソのアルグエルスアリ、ブエミ、ルノーのペトロフ、ザウバーの小林可夢偉、ウィリアムズのヒュルケンベルグ、ザウバーのデラロサの7台。


予選Q3:ベッテルが今季3度目のPP!!
レッドブルのベッテルが、1:34.558でポールポジションを獲得。
2番手がウェーバーで、レッドブルがフロントロー独占。
3番手はフェラーリのアロンソ。
4番手はメルセデスのロズベルグ、5番手はマクラーレンのバトン。
ここまで好調なマクラーレンのハミルトンは、細かなミスで6番手。

7番手以下は順に、フェラーリのマッサ、ルノーのクビサ、メルセデスのシューマッハ、フォースインディアのスーティル。


ベッテルが圧倒的な速さを見せつけてのPP獲得。レースでの敵は信頼性のみでしょう。

可夢偉は、デラロサに差をつけて、遅いザウバーC29で順当な結果。レースでは今回こそマシントラブルなく完走を期待したいものです。


天候が左右することになる!?中国GP決勝レースは、日曜午後3時50分から フジテレビNEXTで生中継開始です。

フジテレビ系地上波は、通常の深夜放送(午後11時50分~)のため、ネット閲覧などはご注意ください。