スペインGP公式予選:驚速レッドブル!可夢偉は渾身のQ3進出!!!! 

2010年F1第5戦スペインGPの公式予選が終了しました。

予選Q1:バリチェロ脱落
快晴で行われた公式予選、Q1のトップタイムは、1:21.412でレッドブルのウェーバー。 小林可夢偉は、11番手でQ2進出。
Q1脱落ラインの新規参戦3チーム+1、今回はウィリアムズのバリチェロ。


ここで脱落したのは順に、ウィリアムズのバリチェロ、ロータスのトゥルーリ、コバライネン、ヴァージンのグロック、ディグラッシ、HRTのチャンドック、セナの7台。


予選Q2:可夢偉Q3進出!!!
トップタイムは、1:20.655でレッドブルのウェーバー。
小林可夢偉は、スーパーラップを披露し、驚きのQ3進出。

ここで脱落したのは順に、フォースインディアのスーティル、ザウバーのデラロサ、ウィリアムズのヒュルケンベルグ、ルノーのペトロフ、トロロッソのブエミ、アルグエルスアリ、フォースインディアのリウッツィの7台。


予選Q3:レッドブル驚速!!
レッドブルのウェーバーは、1:19.995でポールポジションを獲得。
2番手にもレッドブルのベッテル。
3番手は大きく話されたマクラーレンのハミルトン。

4番手は、フェラーリのアロンソ、5番手は、マクラーレンのバトン。 メルセデスのシューマッハがロズベルグを上回り6番手。

7番手以下は順に、ルノーのクビカ、メルセデスのロズベルグ、フェラーリのマッサ、ザウバーの小林可夢偉。


車の総合力が問われるサーキットで、各チーム大幅にアップデートされたマシンで登場したヨーロッパラウンド開幕戦で、レッドブルが異次元の速さを披露しました。
レースでの敵は雨と信頼性のみでしょう。

そして、決して速いマシンではないザウバーC29で、可夢偉が速さを世界中に示しました。
デラロサも12番手と、アップデートされたマシンは絶望的な状況から抜け出せたようです。 追い抜きほぼ不可能なコースだけに、なんとか完走して入賞してもらいたいです。


スペインGP決勝レースは、日曜午後8時50分から フジテレビNEXTで生中継開始です。