トルコGP決勝:レッドブルの大失態でハミルトンが優勝!可夢偉は今季初入賞!! 

2010年F1トルコGPの決勝レースが終了しました。

ドライコンディションでスタートし、終盤小雨となったレースで優勝は、バトンとの激しい新旧王者バトルに勝ったマクラーレンのハミルトン。2位は、マクラーレンのバトン。

3位は、レッドブルのウェーバーも、チームメイト同士でクラッシュ。
ベッテルはマシンのダメージが大きく、リタイアで大激怒。
2強チームにはかなり遅れるも、メルセデスのシューマッハが4位、ロズベルグが5位。

6位以下は、ルノーのクビカ、フェラーリのマッサ、アロンソ、フォースインディアのスーティル。

ザウバーの小林可夢偉が10位で1ポイントを獲得。
デラロサも11位で今季初のダブル完走。


名門チームが1回だけ許した(?)クリーンで熱いバトルとは対照的に、チームオーダーが無い若いチームが遺恨を残すまさかのミス。レッドブルの関係者はこれから大変でしょうが、F1ファンとしては中盤戦以降が楽しみとなる面白いレースとなりました。

そして、可夢偉が厳しいレースに耐えて、貴重な1ポイントを獲得! エースドライバーとして、5年ぶりに復活したザウバーに2005年10月以来のポイントをもたらしました。
C29の信頼性問題を克服できたとは思いませんが、可夢偉自身の来季F1残留に向けて、レースでもアピールを続けてもらいたいです。


カナダGP金曜フリー走行1は、6月11日金曜午後22時55分から フジテレビNEXT(スカパー!e2)で生中継開始です。