Sky7F1.com

ARTICLE PAGE

ヨーロッパGP公式予選:ベッテルがPP!!可夢偉またQ1脱落

2010年F1ヨーロッパGPの公式予選が終了しました。

予選Q1:可夢偉が脱落!
トップタイムは、1:38.132でルノーのクビカ。
ザウバーの小林可夢偉は、18番手でまたQ1脱落。

ここで脱落したのは順に、ザウバーの小林可夢偉、ロータスのトゥルーリ、コバライネン、ヴァージンのディグラッシ、グロック、HRTのチャンドック、セナの7台。


予選Q2:メルセデスが脱落!
トップタイムは、1:38.015でレッドブルのベッテル。
メルセデスが2台そろって脱落。

ここで脱落したのは順に、トロロッソのブエミ、メルセデスのロズベルグ、フォースインディアのスーティル、リウッツィ、メルセデスのシューマッハ、ザウバーのデラロサ、トロロッソのアルグエルスアリの7台。


予選Q3:ベッテルがPP!
ポールポジションは、1:37.587でレッドブルのベッテル。
2番手は、レッドブルのウェーバー。3番手は、マクラーレンのハミルトン。

フェラーリのアロンソが4番手、マッサが5番手。
ルノーのクビカは6番手止まり。

7番手以下は順に、マクラーレンのバトン、ウィリアムズのヒュルケンベルグ、バリチェロ、ルノーのペトロフ。



世界が、日本が、F1界が、サッカーワールドカップ一色の中、最もつまらないコースでグランプリが始まっています。
予選は、マクラーレン以外が大きなアップデートを持ってきた中、レッドブルが定位置を奪い返しました。

来季のF1残留を期待したい可夢偉は、決して速いわけではないデラロサに負けているようでは厳しいですね…。


バーレーンのようなつまらないレースになると予想されているヨーロッパGP決勝レースは、日曜午後8時50分から フジテレビNEXT(スカパー!e2)で生中継開始です。


レッドブル 2010 S.ベッテル Kate's Dirty Sister Tee

レッドブル 2010 S.ベッテル Kate's Dirty Sister Tee