Sky7F1.com

ARTICLE PAGE

F1ヨーロッパGP決勝:ベッテルが完勝!可夢偉は7位入賞!!

2010年F1ヨーロッパGPの決勝レースが終了しました。
セーフティカー規約に違反した9人のドライバーに5秒加算のペナルティが加算されています。

レースは、10周目にレッドブルのウェーバーが、ロータスのコバライネンに追突。ウェーバーのマシンは宙を舞うあわやの大クラッシュ。このセーフティカーがレースを演出することに。

優勝は、危なげなくレースを支配したレッドブルのベッテル。
2位は、ドライブスルーペナルティをを受けるもマクラーレンのハミルトン。
3位は、5秒のペナルティもマクラーレンのバトン。

4位は、5秒のペナルティもウィリアムズのバリチェロ。
5位は、5秒のペナルティもルノーのクビカ。
6位は、5秒のペナルティもフォースインディアのスーティル。
7位は、ザウバーの小林可夢偉。
可夢偉は、セーフティカー時にピットストップを行わず、ラスト数周でピットイン。
その後にフェラーリのアロンソと、トロロッソのブエミを豪快にオーバーテイクに成功。

8位は、9位から浮上したフェラーリのアロンソ。
9位は、5秒ペナルティで降格したトロロッソのブエミ
10位は、12位から浮上したメルセデスのロズベルグが10位で1ポイントを獲得。
ザウバーのデラロサは、5秒ペナルティで12位に降格し、ノーポイント。完走21台。



レース前はコースを含め全く期待していなかったのですが、ザウバーの奇策もあり可夢偉がつまらないはずのコースで魅了してくれました。
可夢偉が予想より早くピットインしたときは、カナダでの凡ミスもありチームが「9位を維持しろ、無理をするな」という指示かと思いましたが、オプションタイヤで勝負させて、期待に応えて2台をオーバーテイク。可夢偉は、本当に素晴らしいファイターですね!


2010年F1イギリスGP金曜フリー走行は、7月9日(金)午後5時55分からフジテレビNEXTで生中継開始です。