Sky7F1.com

ARTICLE PAGE

F1ドイツGP決勝:アロンソが不自然な優勝・・・ 可夢偉は11位

2010年F1ドイツGPの決勝レースが終了しました。

優勝は、フェラーリのアロンソで今季2勝目。
チームの指示でスピードを大きく落とし、アロンソを行かせたフェラーリのマッサが2位で、フェラーリは開幕戦以来の1-2を達成。
3位は、レッドブルのベッテル。

4位以下は、マクラーレンのハミルトン、バトン、レッドブルのウェーバー、ルノーのクビカ、メルセデスのロズベルグ、シューマッハ、ルノーのペトロフが10位で1ポイントを獲得。

ザウバーの小林可夢偉は、ピットタイミングでペトロフに前に行かれたのが大きく、惜しくも11位。
HRTの山本左近は、序盤でリタイア。


今回からすべての無線が公開されることになりましたが、フェラーリが明らかなチームオーダーで順位操作と思われることをやらかしてくれました。チームが最高の結果で勝つためとはいえ、見ているファンとしては興ざめです。

可夢偉は、得意のスタートできっちり順位を上げましたが、ペトロフの前に行けなかったのが全てでした。


連戦となるハンガリーGP金曜フリー走行1は、30日金曜午後4時55分から フジテレビNEXT(スカパー!e2)で生中継開始です。