Sky7F1.com

ARTICLE PAGE

F1ハンガリーGP公式予選:ベッテルがコースレコードでPP!!可夢偉はQ1脱落

2010年F1ハンガリーGPの公式予選が終了しました。

予選Q1:可夢偉がノックアウト
トップタイムは、1:20.417でレッドブルのベッテル。
ザウバーの小林可夢偉は多くの判断ミスで、Q1で脱落。
HRTの山本左近はセナに迫るも24番手。

ここで脱落したのは、ザウバーの小林可夢偉、ヴァージンのグロック、ロータスのコバライネン、トゥルーリ、ヴァージンのディグラッシ、HRTのセナ、山本左近の7台。


予選Q2:バトンが脱落!
トップタイムは、1:19.531でレッドブルのウェーバー。
ミスをしたマクラーレンのバトンがQ2で脱落。

ここで脱落したのは順に、マクラーレンのバトン、ウィリアムズのバリチェロ、フォースインディアのスーティル、メルセデスのシューマッハ、トロロッソのブエミ、フォースインディアのリウッツィ、トロロッソのアルグエルスアリの7台。


予選Q3:ベッテルがコースレコードでPP!
ポールポジションは、1:18.773のコースレコードでレッドブルのベッテル。
2番手もレッドブルウェーバーで、今季6度目のフロントロー独占。
3番手は、1.2秒も離さえたフェラーリのアロンソ。

4番手はフェラーリのマッサ。
5番手は、マクラーレンのハミルトン。

6番手以下は順に、メルセデスのロズベルグ、ルノーのペトロフ、クビカ、ザウバーのデラロサ、ウィリアムズのヒュルケンベルグ。



コースレコードを更新する驚異的なタイムで、ベッテルが予選までは完璧な展開。レースではスタートを決めて、勝利することができるでしょうか。

好調なデラロサとは対照的に、Q1脱落となってしまった可夢偉は信号無視まで犯し、散々な予選となりました。レースでは、劇的な展開が起こりやすいハンガロリンクに期待するのみでしょう。


ハンガリーGP決勝レースは、日曜午後8時50分から フジテレビNEXT(スカパー!e2)で生中継開始です。