F1ベルギーGP決勝:スパウェザーをハミルトンが制す!可夢偉は8位入賞!! 

2010年F1ベルギーGPの決勝レースが終了しました。

スタート直後と終盤、2回の「スパウェザー」が演出した決勝レースで優勝したのは、マクラーレンのハミルトン。
2位は、スタートのミスが響いたレッドブルのウェーバー。
3位は、着実なレースを成し遂げたルノーのクビカ。

4位以下は、フェラーリのマッサ、フォースインディアのスーティル、メルセデスのロズベルグ、シューマッハ、ザウバーの小林可夢偉、ルノーのペトロフ、フォースインディアのリウッツィが10位で1ポイントを獲得。
※10位だったトロロッソのアルグエルスアリは、シケインカットにより20秒加算のペナルティで12位へ。

ザウバーの小林可夢偉は、序盤のタイヤ選択が成功し、8位入賞。
HRTの山本左近は、最下位の20位ながら完走。

ベッテルに追突されたマクラーレンのバトン、ミスでSCの原因を作ったフェラーリのアロンソはリタイア。

F1ファンを楽しませてくれるベルギーらしいレースでした。しかしながら、ベッテルは最悪でしたね…。

フェラーリのアロンソとのバトルやスパウェザーにも負けなかった可夢偉。実質1年目のルーキーでプライベーターのザウバーで走っているということを忘れさせてくれるほどの凄さを見せてくれますね。次こそは予選を成功させてもらいたいものです。

イタリアGP金曜フリー走行1は、9月10日金曜午後4時55分から フジテレビNEXT(スカパー!e2)で生中継開始です。