Sky7F1.com

ARTICLE PAGE

F1イタリアGP決勝:アロンソが勝利!可夢偉はトラブルでリタイア

2010年F1イタリアGPの決勝レースが終了しました。

スタートでバトンに抜かれるもピットを遅らせたフェラーリのアロンソが優勝。
2位は、マクラーレンのバトン。
3位は、フェラーリのマッサ。

4位は、レッドブルのベッテル。
5位は、メルセデスのロズベルグ。
6位は、レッドブルのウェーバー。


マクラーレンのハミルトンは、オープニングラップでマッサと接触し、リタイア。

7位以下は順に、ウィリアムズのヒュルケンベルグ、ルノーのクビカ、メルセデスのシューマッハ、ウィリアムズのバリチェロが10位で1ポイントを獲得。

ザウバーの小林可夢偉は、レース直前に発生したギアボックストラブルが改善せず、0周リタイア。
HRTの山本左近は19位完走。

新旧王者の凄まじい意地の張り合いでしたが、アロンソがフェラーリの地元で見事な勝利を飾りましたね。

シンガポールGP決勝レースは、9月26日に フジテレビNEXT(スカパー!e2)で生中継開始です。