Sky7F1.com

ARTICLE PAGE

F1シンガポールGPフリー走行:ベッテルがトップ!可夢偉は18番手

2010年F1シンガポールGPのフリー走行が終了しました。

フリー走行1
トップタイムは、1:54.589でレッドブルのウェバー。
2番手はメルセデスのシューマッハ。3番手はフォースインディアのスーティル。

ザウバーの小林可夢偉12番手、ぶっつけ本番のハイドフェルドは13番手。
HRTの山本左近は食中毒のため、シンガポールGPを欠場。

フリー走行2
トップタイムは、1:46.660でレッドブルのベッテル。
2番手はレッドブルのウェバー。3番手はマクラーレンのバトン。

ザウバーの小林可夢偉は12番手、ハイドフェルドは13番手。

フリー走行3
トップタイムは、1:48.028でレッドブルのベッテル。
2番手はフェラーリのアロンソ。3番手はマクラーレンのハミルトン。

ザウバーの小林可夢偉は18番手、ハイドフェルドは17番手。

ここまではレッドブルの優勢ですが、予選でフェラーリがどこまで迫れるか注目ですね。

小林可夢偉は、今年のタイヤで走ったことのない、ぶっつけ本番のハイドフェルドに、いきなり負けることだけは許されませんね。


シンガポールGP公式予選は、このあと午後10時50分から フジテレビNEXT(スカパー!e2)で生中継開始です。