Sky7F1.com

ARTICLE PAGE

F1オーストラリアGP金曜フリー走行:バトンがトップ!可夢偉は15番手

2011年F1オーストラリアGPの金曜フリー走行が終了しました。

フリー走行1
チャンドック(ロータス:リザーブドライバー)の開始直後のクラッシュで開幕した2011年F1GP。
トップタイムは、1:26.831でレッドブルのウェーバー。
2番手はレッドブルのベッテル。3番手はフェラーリのアロンソ。

ザウバーの小林可夢偉は9番手、ペレスは17番手。

フリー走行2
トップタイムは、1:25.854でマクラーレンのバトン。
2番手はマクラーレンのハミルトン。3番手はフェラーリのアロンソ。

ザウバーの小林可夢偉は15番手、ペレスは8番手。

バーレーンGPの中止で延期されていたF1でしたが、無事に開幕を迎えました。
事前の予想通り、ピレリタイヤの扱い方が勝負を分けそうですね。