F1オーストラリアGP決勝:ベッテルが完勝!可夢偉は失格! 

2011年F1オーストラリアGPの決勝レースが終了しました。

危なげなくレースを展開したレッドブルのベッテルがポールトゥウイン。
2位は、マシンを壊してしまうも走りきったマクラーレンのハミルトン。
3位は、初の表彰台を獲得したロータスルノーのペトロフ。

4位はフェラーリのアロンソ。
5位はレッドブルのウェーバー。
6位はマクラーレンのバトン。

7位以下は順に、フェラーリのマッサ、トロロッソのブエミ、フォースインディアのスーティル、ディレスタが10位で1ポイントを獲得。

マシンが規約違反のため、ザウバーの小林可夢偉、ペレスは失格。

ピレリタイヤ、KERS、DRS(可変ウイング)という変更も、メルボルンで珍しくセーフティカー出ずのレースをベッテルが完勝、今年は何度ポールトゥウインを見せてくれるでしょうか。

可夢偉は「日本のために」という大きなプレッシャーの中、無事入賞を果たしてくれました。新人のペレスが奇策の1ストップを決め、ピレリタイヤの使い方で一歩抜け出たザウバーは昨年以上に期待が持てそうです。
リアウイングの違反により失格となりました。

マレーシアGP金曜フリー走行1は、4月8日金曜午前10時55分から フジテレビNEXT(スカパー!e2)で生中継開始です。