F1モナコGP決勝:大混乱もベッテルが勝利!可夢偉は5位入賞!! 

2011年F1モナコGPの決勝レースが終了しました。

優勝:ベッテル(レッドブル)
2位:アロンソ(フェラーリ)
3位:バトン(マクラーレン)
4位:ウェーバー(レッドブル)
5位:小林可夢偉(ザウバー)
6位:ハミルトン(マクラーレン)
7位:スーティル(フォースインディア)
8位:ハイドフェルド(ルノー)
9位:バリチェロ(ウィリアムズ)
10位:ブエミ(トロロッソ)
完走:18台
※マルドナドのクラッシュを招いたハミルトンに20秒のタイムペナルティ(順位変動なし)
※スーティルを追い抜いたシーンでの可夢偉にけん責処分(5位確定)

やはりモナコは面白い!

素晴らしいレースとなったモナコGPを1ストップで逃げ切ったベッテルが制しました。

可夢偉は、またも見事なレースを見せてくれました。戦闘力の劣るザウバーで、モナコGP日本人最高順位です!

カナダGP金曜フリー走行1は、6月10日金曜午後22時55分から フジテレビNEXT(スカパー!e2)で生中継開始です。