F1カナダGP公式予選:ベッテルがPP!可夢偉は13番手 

2011年F1カナダGPの公式予選が終了しました。

予選Q1:アルグエルスアリが脱落
トップタイムは、1:13.822でフェラーリのアロンソ。
トロロッソのアルグエルスアリが脱落。

脱落:トロロッソのアルグエルスアリ、ロータスのトゥルーリ、コバライネン、HRTのリウッツィ、ヴァージンのグロック、HRTのカーティケヤン。
ヴァージンのダンブロジオは、107%ルール突破できず。


予選Q2:可夢偉は13番手
トップタイムは、1:13.431でフェラーリのマッサ。
ザウバーの小林可夢偉は13番手、デラロサは17番手で、ともにQ2で脱落。

脱落:フォースインディアのディレスタ、ウィリアムズのマルドナド、ザウバーの小林可夢偉、フォースインディアのスーティル、トロロッソのブエミ、ウィリアムズのバリチェロ、ザウバーのデラロサ。


予選Q3:ベッテルがPP
ポールポジションは、1:13.014でレッドブルのベッテル。
2番手にフェラーリのアロンソ、3番にフェラーリのマッサ。

4番手以下:レッドブルのウェーバー、マクラーレンのハミルトン、メルセデスのロズベルグ、マクラーレンのバトン、メルセデスのシューマッハ、ルノーのハイドフェルド、ペトロフ。

不利と見られていたカナダでもベッテルがPP獲得です。レースではアロンソやハミルトンが、ベッテルに迫ることができるでしょうか。

ザウバーのマシンが苦手なコースで。まずまずの結果に終わった可夢偉ですが、決勝レースで入賞なるでしょうか。

カナダGP決勝レースは、12日(日)25:50から フジテレビNEXT(スカパー!e2)で完全生中継開始です。
地上波フジテレビは、12日(日)25:50分から放送開始です。