F1ドイツGP公式予選:ウェーバーがPP!可夢偉はQ1で脱落 

2011年F1ドイツGPの公式予選が終了しました。

予選Q1:可夢偉が脱落
トップタイムは、1:31.826でフェラーリのマッサ。
ザウバーの小林可夢偉が脱落。

脱落:ザウバーの小林可夢偉、ロータスのコバライネン、ヴァージンのグロック、ロータスのチャンドック、ヴァージンのダンブロジオ、HRTのリウッツィ、リカルド


予選Q2:スーティルがQ3進出
トップタイムは、1:30.998でマクラーレンのハミルトン。
フォースインディアのスーティルが8番手でQ3進出。

脱落:ルノーのハイドフェルド、フォースインディアのディレスタ、ウィリアムズのマルドナド、バリチェロ、ザウバーのペレス、トロロッソのブエミ、アルグエルスアリ


予選Q3:ウェーバーがPP
ポールポジションは、1:30.079でレッドブルのウェーバー。

2番手はマクラーレンのハミルトン。3番手はレッドブルのベッテル。

4番手以下:フェラーリのアロンソ、マッサ、メルセデスのロズベルグ、マクラーレンのバトン、フォースインディアのスーティル、ルノーのペトロフ、メルセデスのシューマッハ
ウェーバーが2戦連続のPPを決め、ハミルトンがスーパーラップを決めたことで、ベッテルが3番手に沈みました。雨になるかもしれない決勝レースで追いかけるベッテルに期待です。

可夢偉には、雨絡みとなるかもしれない決勝レースでの挽回を期待したいものです。


ドイツGP決勝レースは、日曜午後8時50分からフジテレビNEXT(スカパー!e2)で生中継開始です。