Sky7F1.com

ARTICLE PAGE

F1ドイツGP決勝:ハミルトンが勝利!!可夢偉は9位入賞!

2011年F1ドイツGPの決勝レースが終了しました。

優勝:ハミルトン(マクラーレン)
2位:アロンソ(フェラーリ)
3位:ウェーバー(レッドブル)
4位:ベッテル(レッドブル)
5位:マッサ(フェラーリ)
6位:スーティル(フォースインディア)
7位:ロズベルグ(メルセデス)
8位:シューマッハ(メルセデス)
9位:小林可夢偉(ザウバー)
10位:ペトロフ(ルノー)
完走:20台
ベッテルが今シーズン初めて表彰台を逃し、ベッテルを追いかける3人による激しいバトルがF1ファンを魅了したレースで、2008年チャンピオンのハミルトンが制しました。

レースで圧倒的に強い可夢偉は、予選までが嘘のように今回もきっちり挽回してれくました。レース重視とはいえ、欲を言えば予選をもう少し上位で終えてもらいたいものです。

可夢偉の次は、今季2度目のポールポジションを獲得した佐藤琢磨のインディカー決勝レースが、スカパー!のGAORAでこのあと24日(日)27:00から生中継開始です。
今回こそ完走して、結果を残してもらいたいものです。

連戦となるハンガリーGP金曜フリー走行1は、5日後の金曜午後4時55分から
フジテレビNEXT(スカパー!e2)で生中継開始です。