Sky7F1.com

ARTICLE PAGE

F1イタリアGP予選:ベッテルがPP!可夢偉は17番手

2011年F1イタリアGPの予選が終了しました。

予選Q1:アルグエルスアリが脱落
トップタイムは、1:23.976でマクラーレンのハミルトン。
脱落は、新興3チーム+トロロッソのアルグエルスアリ。
ザウバーの小林可夢偉は12番手、ペレスは16番手。

脱落:トロロッソのアルグエルスアリ、ロータスのトゥルーリ、コバライネン、ヴァージンのグロック、ダンブロジオ、HRTのダンブロジオ、リウッツィの7台。


予選Q2:順当な結果
トップタイムは、1:22.914でレッドブルのベッテル。
トップ5チーム10台が、Q3進出。
ザウバーの小林可夢偉は17番手、ペレスは15番手。

脱落:フォースインディアのディレスタ、スーティル、ウィリアムズのバリチェロ、マルドナド、ザウバーのペレス、トロロッソのブエミ、ザウバーの小林可夢偉の7台。


予選Q3:ベッテルがPP!
ポールポジションは、1:22.275でレッドブルのベッテル。
マクラーレンのハミルトンが2番手、バトンが3番手。

4番手以下:フェラーリのアロンソ、レッドブルのウェーバー、フェラーリのマッサ、ルノーのペトロフ、メルセデスのシューマッハ、ロズベルグ、ルノーのセナ。

可夢偉はタイムをそろえることができず、厳しい結果に終わりました。レース重視の可夢偉ですから、レースでは強さを見せてもらいましょう。

イタリアGP決勝レースは、日曜午後8時50分から フジテレビNEXT(スカパー!e2)で生中継開始です。
地上波フジテレビ系は、日曜午後11時50分から録画放送開始です。