F1イタリアGP決勝:ベッテルが快勝!!可夢偉はマシントラブル 

2011年F1イタリアGPの決勝レースが終了しました。

優勝:ベッテル(レッドブル)
2位:バトン(マクラーレン)
3位:アロンソ(フェラーリ)
4位:ハミルトン(マクラーレン)
5位:シューマッハ(メルセデス)
6位:マッサ(フェラーリ)
7位:アルグエルスアリ(トロロッソ)
8位:ディレスタ(フォースインディア)
9位:セナ(ルノー)
10位:ブエミ(トロロッソ)
完走:15台

ザウバーの小林可夢偉&ペレスは、ギアボックストラブルでWリタイア。

絶対王者ベッテルが、レッドブル・ルノーにモンツァ初優勝をもたらしました。

ザウバーは苦手なコースで完走すらできませんでした、上位陣が多くリタイアしただけに、チャンスだったのにねぇ・・・。次も厳しいでしょうし、つらいですね。