F1シンガポールGP予選:ベッテルが必然のPP!可夢偉はクラッシュ 

2011年F1シンガポールGPの予選が終了しました。

予選Q1:
トップタイムは、1:46.397でレッドブルのベッテル。
ザウバーの小林可夢偉は11番手でQ2進出。

脱落:ルノーのペトロフ、ロータスのコバライネン、トゥルーリ、ヴァージンのグロック、ダンブロジオ、HRTのリカルド、リウッツィ。


予選Q2:
トップタイムは、1:44.931でレッドブルのベッテル。
ザウバーの小林可夢偉はクラッシュで17番手、ペレスは11番手。

脱落:ザウバーのペレス、ウィリアムズのバリチェロ、マルドナド、トロロッソのブエミ、ルノーのセナ、トロロッソのアルグエルスアリ、ザウバーの小林可夢偉。


予選Q3:
ポールポジションは、1:44.381でレッドブルのベッテル。
2番手はレッドブルのウェーバー。3番手はマクラーレンのバトン。

4番手以下:マクラーレンのハミルトン、フェラーリのアロンソ、マッサ、メルセデスのロズベルグ、シューマッハ、フォースインディアのスーティル、ディレスタ。

ベッテルが今回もポールポジション獲得です。当然の結果でしょうね。

可夢偉はやっちゃいましたね…、レースでは完走を期待したいところです。

シンガポールGP決勝レースは、日曜午後8時50分から フジテレビNEXT(スカパー!e2)で生中継開始です。
地上波フジテレビ系列は、日曜午後11時15分から録画放送開始です。通常より少し早い時間からの放送開始ですが、レースは終了している時間なので、ネット閲覧などは注意が必要です。