Sky7F1.com

ARTICLE PAGE

F1 2012オーストラリアGP予選:ハミルトンがPP!ベッテルが6番手 可夢偉は13番手

2012年F1オーストラリアGPの予選が終了しました。

予選Q1:可夢偉がトップ!ライコネンが脱落
トップタイムは、1:26.182でザウバーの小林可夢偉。
2番手は、トロロッソのベルニュ。3番手は、ロータスのグロージャン。

脱落:ロータスのライコネン、ケータハムのコバライネン、ペトロフ、マルシアのグロック、ピック。
107%落ち:HRTのデラロサ、カーティケヤン。


予選Q2:可夢偉は13番手
フェラーリのアロンソがまさかのミスで、赤旗中断。
トップタイムは、1:25.469でメルセデスAMGのロズベルグ。
2番手は、メルセデスAMGのシューマッハ。3番手は、マクラーレンのハミルトン。


脱落:トロロッソのベルニュ、フェラーリのアロンソ、ザウバーの小林可夢偉、ウィリアムズのセナ、フォースインディアのディレスタ、フェラーリのマッサ
タイムなし:ザウバーのペレス。


予選Q3:
ポールポジションは、1:24.922でマクラーレンのハミルトン。
2番手は、マクラーレンのバトン。3番手は、ロータスのグロージャン。

4番手以下:メルセデスAMGのシューマッハ、レッドブルのウェーバー、ベッテル、メルセデスAMGのロズベルグ、ウィリアムズのマルドナド、フォースインディアのヒュルケンベルグ。
走行せず:トロロッソのリカルド。

2012年開幕戦の予選は、段差のない美しいノーズのマクラーレンが速さを見せ、フロントローを独占です。
速さを見せるロータスのグロージャンに、6番手に終わった現王者ベッテル、F1復帰後初表彰台が近づいたシューマッハ、明日の決勝レースが楽しみです。

Q1並のタイムが出ていればQ3進出も見えていた可夢偉でしたが、残念な13番手に終わりました。得意の決勝レースで挽回して、入賞を期待したいところです。

オーストラリアGP決勝レースのテレビ放送予定は、
有料放送のフジテレビNEXT(スカパー!)で、日曜午後2時50分から完全生中継です。
無料放送は、地上波フジテレビ系から移行後初放送となるBSフジで、通常時間帯よりかなり早い日曜午後5時から録画放送開始です。