F1 2012オーストラリアGP決勝:バトンが勝利!可夢偉は逆転の6位入賞!! 

2012年F1オーストラリアGPの決勝レースが終了しました。

優勝:バトン(マクラーレン)
2位:ベッテル(レッドブル)
3位:ハミルトン(マクラーレン)
4位:ウェーバー(レッドブル)
5位:アロンソ(フェラーリ)
6位:小林可夢偉(ザウバー)
7位:ライコネン(ロータス)
8位:ペレス(ザウバー)
9位:リチャルド(トロ・ロッソ)
10位:ディ・レスタ(フォース・インディア)
完走(扱い):16台

2012年の開幕戦は、ファイナルラップで順位が入れ替わる、非常に面白いレースとなりました。
そして、終わってみればマクラーレンとレッドブルにアロンソでした。ここにうまく行かなかったロータスが、いかに割り込めるかでしょうかね。

スタート時にチームメートのペレスに追突され、リアウイングにダメージ受けた可夢偉でしたが、レースでは相変わらず強さを見せ、最後はペレスとロズベルグのバトルに乗じて2台を追い越して、6位8ポイントを獲得です。
※BSフジでの録画放送(フジテレビNEXTのカット・編集版)では、最後に可夢偉がライコネンに抜かれ、トロ・ロッソに追い詰められているような映像・実況で終わりましたが、実際にライコネンに抜かれ、トロ・ロッソに追い詰められていたのは、可夢偉のチームメートであるペレスです。
生中継のフジテレビNEXTでは、直後に可夢偉ではなくペレスだったという、訂正が行われています。

連戦となるマレーシアGP金曜フリー走行1は、5日後の23日(金)10:55から スカパー!のフジテレビNEXTで生中継開始です。
無料放送のBSフジでは、公式予選を24日(土)23:30から録画放送開始です。
今季から地上波フジテレビ系での放送予定はありません。