F1 2012 中国GP決勝:ロズベルグが初勝利!!可夢偉は入賞 

2012年F1中国GPの決勝レースが終了しました。

優勝:ロズベルグ(メルセデスAMG)
2位:バトン(マクラーレン)
3位:ハミルトン(マクラーレン)
4位:ウェーバー(レッドブル)
5位:ベッテル(レッドブル)
6位:グロージャン(ロータス)
7位:セナ(ウィリアムズ)
8位:マルドナド(ウィリアムズ)
9位:アロンソ(フェラーリ)
10位:小林可夢偉(ザウバー)
ザウバーのペレスは11位完走
完走:23台

レースペースの心配をよそに、ロズベルグがポールトゥウィンを飾りました。
シューマッハのトラブル以外は、完全ドライで大きな混乱のないレースでの勝利だけに、今後も強さを見せそうですね。

一方、期待値が高かったため、可夢偉の印象はあまり良くないかもしれませんが、ペレスの結果を見ても、ザウバーの戦略がうまく行かなかったのでしょう。
スタートをうまくやれていればと思うと、やはり悔しい限りですが、ファステストラップ(1:39.960)を記録したことだけが救いでしょうか。

連戦となるバーレーンGP金曜フリー走行1は、5日後の4/20(金)15:55からフジテレビNEXTで生中継開始です。
BSフジは、バーレーンGP公式予選を4/21(土)24:00から放送開始です。