Sky7F1.com

ARTICLE PAGE

F1 2012 スペインGP予選:マルドナドがPP!可夢偉はマシントラブル…

2012年F1スペインGPの予選が終了しました。

予選Q1:セナがミス!
トップタイムは、1:22.583でマクラーレンのハミルトン。
2番手はロータスのグロージャン、3番手はフェラーリのアロンソ。

最後にスピンを喫したウィリアムズのセナが脱落。

ザウバーの小林可夢偉は6番手、ペレスは16番手。

脱落:ウィリアムズのセナ、ケーターハムのペトロフ、コバライネン、マルシャのピック、グロック、HRTのデラロサの6台。
107%落ち:HRTのカーティケヤン。


予選Q2:波乱のQ2
トップタイムは、1:22.105でウィリアムズのマルドナド。
2番手はマクラーレンのハミルトン、3番手はロータスのグロージャン。

マクラーレンのバトン、レッドブルのウェーバーが脱落。

ザウバーの小林可夢偉は9番手、ペレスは4番手。
可夢偉は、タイム計測後に、マシントラブルでストップ。

脱落:マクラーレンのバトン、レッドブルのウェーバー、フォースインディアのディレスタ、ヒュルケンベルグ、トロロッソのベルニュ、リカルド、フェラーリのマッサ。


予選Q3:マルドナドがPP
ポールポジションは、1:22.285でウィリアムズのマルドナド。
2番手はフェラーリのアロンソ、3番手はロータスのグロージャン。

4番手以下:ロータスのライコネン、ザウバーのペレス、メルセデスAMGのロズベルグ。
タイムなし:レッドブルのベッテル、メルセデスAMGのシューマッハ、ザウバーの小林可夢偉。
予選失格:マクラーレンのハミルトン。
※ハミルトンのタンク内の燃料が不十分との判定

ベッテルが戦略上タイムを出さずに8番手、去年では考えられない今年を象徴する予選となりました。
ウィリアムズのマルドナドが速かったですが、決勝レースでも結果を残すことができるでしょうか。

可夢偉には、決勝レースこそトラブルフリーで、入賞を期待したいところです。

追記:
ハミルトンは燃料切れでマシンをコースに止めたことになり、予選失格処分となりましたが、同じくチェッカー後にマシンをコース上に止めた可夢偉の方は、ハイドロリック系のトラブルなので9番手スタートでしょうね。

スペインGP決勝レースのフジテレビ放送予定は、
有料放送のフジテレビNEXTでは、13日(日)午後8時50分から完全生中継開始です。
無料放送のBSフジでは、13日(日)午後11時00分から録画放送開始です。