Sky7F1.com

ARTICLE PAGE

F1 2012 モナコGP決勝:ウェーバーがポールトゥウィン!可夢偉はリタイア

2012年F1モナコGPの決勝レースが終了しました。

優勝:ウェーバー(レッドブル)
2位:ロズベルグ(メルセデスAMG)
3位:アロンソ(フェラーリ)
4位:ベッテル(レッドブル)
5位:ハミルトン(マクラーレン)
6位:マッサ(フェラーリ)
7位:ディレスタ(フォースインディア)
8位:ヒュルケンベルグ(フォースインディア)
9位:ライコネン(ロータス)
10位:セナ(ウィリアムズ)
完走:16台

ザウバーの小林可夢偉はリタイア、ペレスは周回遅れの11番手(ファステストラップを記録)。

ポールスタートのウェーバーが、終盤の小雨も最後まで守りきり、今季初優勝。今シーズン6戦で6人目の勝者の誕生で、開幕6戦6人のウィナーはF1史上初とのことです。

可夢偉は、グロージャンのクラッシュに巻き込まれ、瞬間で終わりました。あれだけジャンプしていれば即リタイアでもおかしくないだけに、どうしようもないですね。


日本では深夜となるカナダGPのフジテレビ放送予定は、
有料放送のフジテレビNEXTで、6月8日(金)22:55の金曜フリー走行1から決勝レース10日(日)26:50まで完全生中継開始です。

無料放送のBSフジでは、予選が6月10日(日)17:00から、決勝レースが11日(月)22:00から録画放送開始です。
※予選が日曜夕方の5時、決勝が月曜夜10時と、これまでで最も生中継との差が大きくなっています(実質翌日といえます)。