F1 2012 ヨーロッパGP決勝:アロンソが歓喜の今季2勝目!可夢偉はリタイア 

2012年F1ヨーロッパGPの決勝レースが終了しました。

優勝:アロンソ(フェラーリ)
2位:ライコネン(ロータス)
3位:シューマッハ(メルセデスAMG)
4位:ウェーバー(レッドブル)
5位:ヒュルケンベルグ(フォースインディア)
6位:ロズベルグ(メルセデスAMG)
7位:ディレスタ(フォースインディア)
8位:バトン(マクラーレン)
9位:ペレス(ザウバー)
10位:セナ(ウィリアムズ)
完走:19台

ザウバーの小林可夢偉はリタイア。
※マッサとの接触で、次戦5グリッド降格ペナルティ

今季らしく荒れたレースとなったバレンシアで、現役最強ドライバーのアロンソが、最高の形で勝利を飾りました。

可夢偉は実力で4番手まで順位を上げたのに、1回目のピットストップの絶望的な遅さがすべてで、その後は切れちゃったでしょうね…。

ピットに入る直前のままの順位でピットアウトできていれば、アロンソの前に出られた可能性が十分あっただけに悔しい限りです。
また、名前だけの2世ドライバーとの接触がなければ、ライコネンの後ろで…やはり悔しいですがこれがレースですから、仕方ないですね。

次戦イギリスGPのフジテレビ放送予定は、
有料放送のフジテレビNEXTで、金曜フリー走行1を7月6日(金)17:55から完全生中継開始です。
無料放送のBSフジでは、予選を7月7日(土)24:00から録画放送開始です。