F1 2012 イタリアGP予選:ハミルトンがPP!可夢偉は9番手 

2012年F1イタリアGPの予選が終了しました。

予選Q1:ヒュルケンベルグが脱落
トップタイムは、1:24.175でフェラーリのアロンソ。
マクラーレンのハミルトンが2番手、バトンが3番手。

フォースインディアのヒュルケンベルグが、マシントラブルでタイム計測できず、Q1で脱落。

ザウバーの小林可夢偉は13番手、ペレスは11番手。

脱落:ロータスのコバライネン、ペトロフ、マルシアのグロック、ピック、HRTのカーティケヤン、デラロサ。
タイムなし:フォースインディアのヒュルケンベルグ。


予選Q2:可夢偉は8番手でQ3進出
トップタイムは、1:24.242でフェラーリのアロンソ。
2番手はマクラーレンのバトン。3番手はフォースインディアのディレスタ。

ザウバーの小林可夢偉は8番手でQ3進出、ペレスは13番手で脱落。

脱落:レッドブルのウェーバー、ウィリアムズのマルドナード、ザウバーのペレス、ウィリアムズのセナ、トロロッソのリチャルド、ロータスのダンブロジオ、トロロッソのベルニュ。


予選Q3:
ポールポジションは、1:24.010でマクラーレンのハミルトン。 2番手は、マクラーレンのバトン。3番手はフェラーリのマッサ。

4番手以下:フォースインディアのディレスタ、メルセデスAMGのシューマッハ、レッドブルのベッテル、メルセデスAMGのロズベルグ、ロータスのライコネン、ザウバーの小林可夢偉、フェラーリのアロンソ。

※ペナルティが多々あるため、スターティンググリッドは予選結果と異なります。

本命マクラーレンが予想通りの速さでフロントロー独占です。ここに大きく遅れたアロンソが割って入れれば良かったのですがね。

可夢偉は、金曜のトラブルから立て直し、ペレスに勝つだけでなくQ3進出まで達成。レースでは、入賞を期待したいところです。

イタリアGP決勝レースのフジテレビ放送予定は、
有料放送のフジテレビNEXTでは、9日(日)20:50から完全生中継開始です。
無料放送のBSフジでは、9日(日)23:00から録画放送開始です。