F1 2012 韓国GP決勝:ベッテルが3連勝!可夢偉はリタイア 

2012年F1韓国GPの決勝レースが終了しました。

優勝:ベッテル(レッドブル)
2位:ウェーバー(レッドブル)
3位:アロンソ(フェラーリ)
4位:マッサ(フェラーリ)
5位:ライコネン(ロータス)
6位:ヒュルケンベルグ(フォースインディア)
7位:グロージャン(ロータス)
8位:ベルニュ(トロロッソ)
9位:リチャルド(トロロッソ)
10位:ハミルトン(マクラーレン)
完走:20台

可夢偉のレースが1週目で終わり、WEC富士6時間でトヨタワークスが優勝争いをしているので、F1は集中して見ていないものの、終盤のタイヤが持つのかというチームやテレビ側の緊張感の中、ベッテルがチャンピオンシップトップに立つ、勝利を飾りました。

可夢偉は、スタート直後にロズベルグとバトンとのクラッシュで、可夢偉のみコースに残るも、結局3台ともリタイア。F1での残り4戦、メルセデスAMGを上回るというチーム目標に貢献してもらいたいものです。

インドGP決勝レースのフジテレビ放送予定は、
有料放送のフジテレビNEXTでは、金曜フリー走行1を26日(金)13:25から完全生中継開始です。
無料放送のBSフジでは、予選を27日(土)24:00から録画放送開始です。