F1 2012 アメリカGP予選:ベッテルがPP!可夢偉は16番手 

2012年F1アメリカGPの予選が終了しました。

予選Q1:
トップタイムは、1:36.558でレッドブルのベッテル。
2番手は、マクラーレンのハミルトン。3番手は、レッドブルのウェーバー。

ザウバーの小林可夢偉は14番手、ペレスは16番手。

脱落:トロロッソのリチャルド、マルシャのグロック、ピック、ケーターハムのペトロフ、コバライネン、HRTのデラロサ、カーティケヤンの7台。


予選Q2:
トップタイムは、1:35.796でレッドブルのベッテル。
2番手は、レッドブルのウェーバー。3番手は、フェラーリのマッサ。

ザウバーの小林可夢偉は16番手、ペレスは15番手。

脱落:ウィリアムズのセナ、マクラーレンのバトン、フォースインディアのディレスタ、トロロッソのベルニュ、ザウバーのペレス、小林可夢偉、メルセデスAMGのロズベルグの7台。


予選Q3:
ポールポジションは、1:35.657でレッドブルのベッテル。
2番手は、マクラーレンのハミルトン。3番手は、レッドブルのウェーバー。

4番手以下:ロータスのグロージャン、ライコネン、メルセデスAMGのシューマッハ、フェラーリのマッサ、フォースインディアのヒュルケンベルグ、フェラーリのアロンソ、ウィリアムズのマルドナド。

金曜FP1から予選Q3まで、すべてのセッションでトップタイムを記録したベッテルが、決勝レースでも速さを見せ、チャンピオンを決めることになるのでしょうか。

タイヤを機能させることができなかったザウバー勢ですが、今回もあれたレースに期待するだけでしょうかね。
なお、決勝レースは日本時間午前4時スタートと、久しぶりに睡魔(起きられるか)との戦いです。

アメリカGP決勝レースのフジテレビ放送予定は、
有料放送のフジテレビNEXTでは、18日(日)27:50から完全生中継開始です。
無料放送のBSフジでは、翌日の19日(月)22:00から録画放送開始です。