F1 2013 ドイツGP決勝:ベッテルが母国GP初優勝! 

2013年F1ドイツGPの決勝レースが終了しました。

優勝:ベッテル(レッドブル)
2位:ライコネン(ロータス)
3位:グロージャン(ロータス)
4位:アロンソ(フェラーリ)
5位:ハミルトン(メルセデスAMG)
6位:バトン(マクラーレン)
7位:ウェーバー(レッドブル)
8位:ペレス(ザウバー)
9位:ロズベルグ(メルセデスAMG)
10位:ヒュルケンベルグ(ザウバー)
完走:19台

レッドブルのウェーバーが、ピットストップ時に右タイヤが締まりきらないまま走行し、マシンから外れたタイヤが暴走し、カメラマンに背後から直撃し、激しく倒れるところを生中継で放送する悪夢。

トラブルでストップしたビアンキのマシンが、突如後退し、バックでコースを横切るという悪夢。

F1がモータースポーツの最高峰というのが恥ずかしい、事故連発のドイツGP。

ベッテルがライコネンの猛追から逃げ切り、ついに母国GPで初勝利を達成です。

F1ハンガリーGPのフジテレビ放送予定は、
有料放送のフジテレビNEXTで、金曜フリー走行1を26日(金)16:55から完全生中継開始です。
無料放送のBSフジでは、公式予選を27日(土)24:00から録画放送開始です。