F1 2013 韓国GP決勝:ベッテルが快勝!ヒュルケンベルグが大健闘の4位 

2013年F1韓国GPの決勝レースが終了しました。

優勝:ベッテル(レッドブル)
2位:ライコネン(ロータス)
3位:グロージャン(ロータス)
4位:ヒュルケンベルグ(ザウバー)
5位:ハミルトン(メルセデスAMG)
6位:アロンソ(フェラーリ)
7位:ロズベルグ(メルセデスAMG)
8位:バトン(マクラーレン)
9位:マッサ(フェラーリ)
10位:ペレス(マクラーレン)
完走:20台

2度のセーフティーカーが入る波乱も、ベッテルがポールトゥウィンを達成です。

可夢偉の席に座った男・ヒュルケンベルグは、大健闘の4位。来年は、有力チーム(ロータス?)のシートを獲得することになるのでしょうか。

ウェーバー車が、遅いマーシャルの作業により大炎上するなど、相変わらず三流国が醜態を見せ続けたGPを終え、評価の高い日本でのGPがいよいよ開幕します。

日本GPのフジテレビ放送予定は、
有料放送のフジテレビNEXTで、金曜フリー走行1を11日(金) 9:55から完全生中継開始です。
無料放送のBSフジでは、公式予選を12日(土)21:00から録画放送開始です。